絵本図書館ネットワークのホームページにようこそ

絵本を中心として読書活動にかかわりのある方の横のつながりを創りだしたいと考えて運営しています。
絵本図書館やそこで勤務している方、各地でお話会(読み聞かせ)のボランティアをしている方、自宅を小さな図書館として地域の子供たちに開放している方、読書活動に興味のある方々の情報交流、悩み解決の場となることを目指しています。

1年に1度、実地フォーラム(研修会)を開催しています。


絵本図書館ネットワーク設立の経緯
 電子メディアによる子どもや家庭への悪影響が叫ばれて久しい。地域生活のみならず家庭においても人と人の関わりが少なくなっていく現状の中、絵本の情操的な効果とともにコミュニケーションツールとしての特性が注目されている。絵本を通しての同世代間・異世代間交流や家族のコミュニケーションづくり、家族の絆づくりが全国的に注目されている。これまで学校を中核とした実践が多いが、学校現場の忙しい現状を考えた場合、絵本の提供を業務としている「絵本図書館」がリーダーシップをとり、学校や地域に働きかけることで、絵本を通した人の関わりを広げていくことがより効果的と考える。そこで、「絵本図書館」に関わる方やその考えに賛同する一般の図書館関係者や読書ボランティア関係者が情報交換し、現代社会における絵本図書館のニーズを明らかにし、絵本図書館の持つ「人・もの・場所」が人づくり町づくりに寄与することができるように「絵本図書館ネットワーク」を設立した。
絵本図書館ネットワークのの目的
 本会の目的は、絵本と人とのよりよい関わりを模索しながら、人づくり町づくりに寄与することが目的である。この目的に賛同する「絵本図書館」や読書ボランティアがネットワークを組み、絵本図書館の活動情報や絵本図書館としての意義を共有するためにフォーラムを開催することにより、全国にある「絵本図書館」が自らの価値を再確認し、今後の活動の意を高めるとともに絵本を通した町づくりに寄与ことができるようにしていく。

団体の行事
1.フォーラムの開催
ねらい:
 子どもの情操教育や絵本を通した人と人のコミュニケーションを目的として絵本を無料で貸し出す「絵本図書館」がネットワークを組み、絵本図書館の活動情報や絵本図書館としての意義を共有するためにフォーラムを開催することにより、全国にある「絵本図書館」が自らの価値を再確認し、今後の活動の意欲を高めるとともに、絵本を通した町づくりに寄与することができるようになることをねらいとしている。開催時期:
年間1回程度 基本的に小中学校の夏休み期間に開催する。開催地:
基本的に国内の図書館や図書館連施設を開催場所とし、年ごとに違う都道府県で開催する。